Music video

Shnayhon Yoso - Far Place

この地上に生まれ出づる前の暗く仄かに赤い通路 そしてその門の前にある噴水広場 象徴的に描かれる生まれ出づる前の近いようで遠い場所、偏在する母性、生への祝福をメロディアスなフロウで綴るShnayhon Yosoの最新楽曲

Music video

SOMESEEGAIA - Lotus

SOMESEEGAIAデビューEPに続き、初のシングルとなる『Lotus』 2つのバージョンでリリースされる今作は「躍動」と「静寂」の相反する2つの要素を一つのテーマで表現しており、それは泥水に静かに、それでいて豪壮に咲く水蓮を表している。

Music video

ALFRD - 眺める

一人の10代の青年の波立つ心境がその視点で綴られる。大切な誰かの涙が雨となり流れ出し大海原に溢れ出るまで、見ていることしか出来ないという無力感が、風が吹き渡る砂丘に唯一人佇むかのような、又は空空漠々と果てしない石壁に目の前を塞がれるような気持ちにさせる。曲中では暗喩的にしか描かれない言葉の一つ一つが情景として結びつきセンセーショナルな結末を想像させる。

Music video

Shnayhon Yoso - a Mirror in a White Box

鏡の中に問うているかのように反射する像と感覚。。繭のような滑らかさと割れたガラス片に映し出された音像の乱反射する幻想的な楽曲。

Music video

Shnayhon Yoso - 朱脣(the Deep Red Lip)

Music video

ALFRD - Who?

割れた鏡、燃える枯花、赤く浮かび上がる仮面。社会の歪みや政治への欺瞞を象徴するモチーフが文学的に綴られながらもアグレッシブな楽曲。

Music video

Autumn Fruit - On my way

「一番嫌いな町に行く途中。世間に置いて行かれないためにも、たまには社交的にならなくちゃ。でも、彼らいると、一人で部屋にいる時よりも孤独な気分にさせられるんだ。 彼女の朝食なんてどうでもいいし、僕がどうでもいいってことも、きっと彼女はお構いなしさ。僕の友人は絶対彼女には怒らないんだ、自分の時間を大切にしたいんだってさ。」-Autumn

Music video

ALFRD - Personality

揺れ動く現代の社会で問われつつある個としての生き方、それらが抱える世界的な問題と対峙するユースの想いや自身の姿勢を宿したシングル作品。本作でALFRDが繰り出すストレートなリリックは、いまを生きるユースたちの現状、主張を描くだけでなく大衆へもしっかりと問いかける力強い内容となっている。

Music video

Madness Pin Drops -CRY

寄せては返す波のような感情、その先にある深海のような静けさ。 MPD 本人が持つ記憶を辿る楽曲でありながら、聴くものにそれを追体験させるようなリアリティと恐怖、寒さや孤独が感じられる。 楽曲の後半部まで展開しないという挑戦的な構成であり、クライマックスの楽曲世界は歌詞に歌われる通り、海峡を跨ぎ深い海へと続く。

Music video

Madness Pin Drops -Fuzzy Navel

眠らない夜の街の輝き。動かぬ足。雲隠れした月夜。無数のネオンの中で曖昧に溶け合うPeach & Orange

Music video

Shnayhon Yoso - Mais

若さが持つ衝動性と、理性による達観の拮抗する大作。
独自性の高いリリックセンスと脳にこびりつくようなメロディー、精神世界を表現するアンビエンスなビートが融合し、ジャンルという枠にとらわれない彼自身の世界観を作り出すアーティスト。16歳から19歳までの間に制作された音源が手を加えられることなく当時の荒々しさを残したまま約1年間の制作休止を経て遂にリリース。

Music video

ALFRD - Anywhere

深海から誰かを想うような、海岸で誰かを待つような、さざ波に揺られようなメランコリーとノスタルジーが混じり合う楽曲。Dubbyなサウンドと透き通ったR&Bの要素のなかにALFRDらしさが垣間見えヒプノティックな世界観を作り上げている。

Music video

Madness Pin Drops - Interference

床に落ちたピンが響かせる残響音のような特徴的な声を持つシンガー。耳馴染みの良いメロウさと危うさを孕んだマッドネスなトラックに、細く豊かな声とJ-POP的メロディセンスが絡み、Asian R&Bの新たな可能性を提示する。

Music video

ALFRD - TONIGHHT

全曲を通し1編のストーリーラインを持つアルバムの序章にあたり、長い旅路への出発を示唆する歌詞は広大なスペースオデッセイへと繋がる。
楽曲はJ-POPの形式を持ちながら低音の効いたダンストラックに仕上がっている。夜の滑走路を照らす誘導灯のように鳴り続ける煌びやかなエレクトロサウンドは、リスナーを深夜のエアポートのような現実と未知の狭間に誘う。またALFRDの英詩と日本語詩の絶妙なバランス感覚が近年のアジアの音楽シーンに見られるワールドワイドな展望の可能性を感じさせ、まさに離陸の為の一曲である。IGNITION, SEQUENCE, START…

Music video

Shnayhon Yoso - elme

目が眩むほどに真正面から光をとらえる事。

壁越しの風は淑やかに吹き 夢の中誰かの髪をなびく 跨ぐ愛 足は次に向かう ただgood night声が何処かで鳴る 軽くない足で音を辿る ただmoonlight 青い空に消える 嵩む time 塵に埋れてく愛 宇宙な心で光を放ち the other one 君の肌の中に ただmoonlight 俺を反射してる”

当時17歳のShnayhonが畳み掛ける渾身のリリック

Music video

ALFRD - 孤独な星

makranの第一弾リリースを飾るALFRDファーストシングル。
Artworkでは予てよりALFRDと親交のあるフォトグラファー井崎竜太郎(izryu)がシューティングを担当。孤独や未知との対峙、広大無辺な音世界と夜の静けさのような情景を、ミニマムに映し出している。Youtubeで公開されているMVでは、国際的バレエ団に所属する野口煕子が、コレオグラファーとダンサーを担当。映像監督はBLACK BASSの中村俊介が担当している。